日本セルポ株式会社
磁気式・電磁式水処理装置 輸入元 日本セルポ株式会社
サイトマップ
  HOME ≫ 技術紹介 ≫ ポーラー技術レポート集 ≫ ポーラーニュース43  
Home 会社案内 製品情報 技術紹介 FAQ お問い合せ
印刷用PDFファイル[ 174KB ]

POLAR NEWS NO.43
≪ 空調用吸収式冷温水発生機のスケール対策 ≫

用途
400USRT吸収式冷温水発生機のスケール・防食・スライム対策
設置場所
埼玉県熊谷市大手電子光学メーカー(N社)
設置日
平成15年7月末(大手サブコン設置)
ポーラー型式
PI-65F(ポーラー本体・磁気ストレーナー・流量計の3点セット)
設置方式
冷却循環水量の10%をポンプ引き込み方式にて設置
設置図
ポーラー設置図 すでに同型のポーラーは平成9年1月より3台設置され、今日まで順調に稼働しているが、工場のクリーンルームは1年間フルに操業しているため、水の節約と近隣に対して安全で無公害な水処理法が大変重要となっており、更に採用するために効果確認の報告書を作成した。 
冷温水発生機 熱交換部 写真
@上部                  A下部
写真@ 上部 写真A 下部
説 明
三洋の400USRTの冷温水発生機に対してポーラー磁気式水処理装置のみで約1年3ヶ月間にわたる効果確認を行いました。箱型冷却塔の上部水槽には日光遮断用の蓋がしてあり、これが水藻発生防止に効果的でポーラーのスライム抑制作用(殺菌力)により、上部写真@及びAの様にスライムは全くなく、スケール付着防止及び防食効果が大変大きく現れ、ユーザー及びメーカー側も良好との評価でした。また、熱交率評価としてのLTD(温度差)も異常なく良好でした。
冷却水水質分析表 (平成15年8月25日〜平成16年11月2日)
項  目   補給水 1ヶ月  3ヶ月  7ヶ月  12ヶ月 
pH         7.3 8.8 8.9 8.8 8.4
電気伝導率 (ms/m) 29 110 110 120 110
カルシウム硬度 (r/L) 36 170 110 230 210
酸消費量(pH4.8) (r/L) 58 240 220 220 210
イオン状シリカ (r/L) 27 110 120 140 93
塩化物イオン (r/L) 24 110 120 150  110
硫酸イオン (r/L) 29 130 140 140 140
鉄分 (r/L) <0.05 0.12 0.15 0.08 0.26 
ランゲリア指数 (L.I ) -1.2 +1.1 +1.5 +1.8 +1.3
注:自動ブローは電気伝導率で120ms/mに設定した。
  上記赤字は激しいスケール傾向を示す水です。
写真
写真@ 写真A
国内一流光学機械メーカーの半導体クリーンルーム工場です。空調は大変重要な設備となっております。 工場内には、この様な多くの冷却塔がり、年中無休で稼働しております。 
写真B 写真C
ポーラー利用側S社製 400USRT吸収式冷温水発生機の開放点検中の状況。扉の鏡板には白色の薄いミネラルの防食皮膜の形成により腐食がない。 冷温水発生機内部の様子です。
ランゲリア指数+1.8(スケール発生多し)位まで冷却水を濃縮して利用したが、ポーラーの水処理効果によりスケールの付着はない。 
写真D 写真E
ポーラー型式:PI-65F(3点セット)の設置されている様子。水の流れ方向(右)より@磁気ストレーナー・Aポーラー磁気式水処理装置本体・B流量計と配管されております。 ポーラー利用中の流量計の稼働状況で流速が赤マークの上部で計測されていて順調です。万一流速が出ない時は、効果が低下しますので、ポーラーの磁気ストレーナー及び本体のクリーニングが必要です。 

このページの先頭へ

Copyright(C) 2010-2014 Nippon Selpo Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ホーム / 会社案内 / 製品情報 / 技術紹介 / FAQ / お問い合せ / サイトマップ