日本セルポ株式会社
磁気式・電磁式水処理装置 輸入元 日本セルポ株式会社
サイトマップ
  HOME ≫ 技術紹介 ≫ ポーラー技術レポート集 ≫ ポーラーニュース45  
Home 会社案内 製品情報 技術紹介 FAQ お問い合せ
印刷用PDFファイル[ 246KB ]

POLAR NEWS NO.45
≪ 新築冷温水系の防食効果 ≫

福井県立病院
設置場所
福井県立病院空調用冷温水系の各ヘッダーにポーラー磁気式水処理装置を専用循環ポンプと共に設置し、循環水を一部引込方式にて処理しました。
ポーラー型式
冷水系用:型式PI-50CF×1式
(平成15年11月1日試運転)
温水系用:型式PI-50CF×1式
(平成15年11月1日試運転)
設置図及び写真(各ヘッダーの後ろ側にポーラーは設置されました。)
温水系ポーラー設置図 温水ヘッダー 温水系 ポーラー設置
冷水系ポーラー設置図 冷水ヘッダー 冷水系 ポーラー設置
水処理流量チェックの重要性
流量チェック
ポーラー磁気式水処理装置の6000ガウス以上の水処理有効磁場に対して水が適正流速(2〜3.5m/s)で磁力線に対して垂直に横切る事により水処理に必要な誘導電流を発生しますので流速(流量)は効果を得る最大重要キーポイントであります。
故に流量計で常に測定出来る様になっております。上の矢印は流速3m/sで下の矢印は2m/sです。
フラッパーはこの下の矢印以上にあれば正常ですが、それ以下の時はポーラー本体の清掃が必要になります。 
サンプリング水の目視での比較
水の比較
(イ):温水系(暖房用)の処理1ヶ月後の処理水
   (pH9.2 ・ 鉄分0.05未満)

(ロ):補給水(上水)処理前の水
   (pH7.2 ・ 鉄分0.15mg/L)
   双方とも非常に透明度の高い水ですが、(イ)の方が上水より磨かれた
   水のようです。
水質分析結果
項 目 単位 上水
(原水)
温水
(処理後1ヶ月)
判定 冷水
(処理後2ヶ月)
判定
pH 7.2(25℃) 9.2(25℃) 9.1(25℃)
全硬度 mg/L 27 28 28   
カルシウム硬度 mg/L 18  19 19  
塩化物イオン mg/L 7.4 7.9 7.5  
硫酸イオン mg/L 6.0 5.8 5.7  
シリカ mg/L 15 2.0 5.0
mg/L 0.15 0.05未満 0.05未満
酸消費量 mg/L 34 40 36  
電気伝導率 ms/m 11 10  11  
色度 1 1 1
濁度 1未満 2 2  
ランゲリア指数
(55℃)
L.I -1.9
(腐食性大)
+0.9
(腐食性なし)
-0.2
(極めて軽度の腐食)
評価
1.温水系は判定欄の◎印の所に大きな水質的改善が得られ、ランゲリア指数も-1.9(腐食性大)より+0.9(腐食性なし)まで上昇している。
2.冷水系も判定欄の◎印の所に大きな水質的改善が得られ、ランゲリア指数も-1.9(腐食性大)より-0.2(極めて軽度の腐食)となっているが、処理後の温水及び冷水の鉄分が0.15より0.05未満と3分の1低下しており、実質的効果としては腐食の心配は無視できる程度と判定しました。

このページの先頭へ

Copyright(C) 2010-2014 Nippon Selpo Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ホーム / 会社案内 / 製品情報 / 技術紹介 / FAQ / お問い合せ / サイトマップ