日本セルポ株式会社
磁気式・電磁式水処理装置 輸入元 日本セルポ株式会社
サイトマップ
 HOME ≫ 技術紹介 ≫ アクアクリア技術レポート集 ≫ アクアクリア設置記録4-2   
Home 会社案内 製品情報 技術紹介 FAQ お問い合せ
印刷用PDFファイル[ 129KB ]

ハイドロフロー設置記録
≪ スケール 4-2 スケール対策の実際(油井管用) ≫

写真1
油田施設ですので防爆型のEXタイプになっています。
ハイドロフロー型式:C120EX(4”)1台を232号の油井に設置

油井の揚油管上に設置して地下5000mまでの配管のスケール対策を取るために設置作業中です。 
写真2
上記の油井の効果が良かったので同様に油井221にも設置しました。(2台目)
写真3
WATER FORD社は英国ハイドロパス社と販売提携をして、世界の石油井戸(油井)のオイル用の採堀管のカルシウム系スケールの付着防止にハイドロフローを販売しています。(写真上のラベルはClear WELLという油井をきれいにするという意味の商品名になっています。)
ハイドロフロー未処理
1
ハイドロフロー未処理1
2
ハイドロフロー未処理2
ハイドロフロー処理(スケール落としの効果)
3
ハイドロフロー処理水1
4
ハイドロフロー処理水2
油井の採掘管には主にカルシウムのスケールが発生して、管内が閉塞して利用できなくなります。

説明:
写真@〜Aは油井(深さ約5000m)用の採掘管でスケールで詰まったもので利用不能となったものです。
写真B〜Cは古いスケールの付着している管に対して陸上の管にハイドロフローを設置して、内部のスケールが軟化して油と共に揚油され、綺麗になっていく途中です。
この様にハイドロフローの効果は設置した管の前後双方のスケール対策が取れる事が証明されております。
この管は地下5000m達しております。

このページの先頭へ

Copyright(C) 2010-2014 Nippon Selpo Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ホーム / 会社案内 / 製品情報 / 技術紹介 / FAQ / お問い合せ / サイトマップ