日本セルポ株式会社
磁気式・電磁式水処理装置 輸入元 日本セルポ株式会社
サイトマップ
  HOME ≫ 製品情報 ≫ アクアクリア電磁式水処理装置 ≫ アクアクリアの電磁波測定法  
Home 会社案内 製品情報 技術紹介 FAQ お問い合せ
印刷用PDFファイル[ 201KB ]

アクアクリアの電磁波測定法
アクアクリアやハイドロフローの英国及び国内出荷前にその機能が正常に発揮するか否かを下記の写真の様にオシロスコープで電磁波測定されています。下の写真はアクアクリア型式P120(100A管用)の測定です。
(注)オシロスコープとは時間の経過と共に目で見えない電気信号(電圧)が変化していく様子を測定できる様にした波形測定器です。
1 2
アクアクリア設置 電磁波測定
口径100Aの樹脂管上に型式P120を設置。
右側に測定器、左側はPSUユニット(発信機)を配置
電磁波測定の為、P120のフェライトリング内に測定器のセンサーを通じて口先のクリップで挟む。
3 4
PSUユニット 電磁波の波長グラフ
PSUユニット(発信機)の緑と赤のLEDライトが光っている事を確認する事。赤のライトは水処理用電磁波が水に伝わっている事を示しています。緑のライトは電源が入っている事を示します。 測定された電磁波の波長の瞬間を撮ったグラフです。
周波数は200,000Hz/秒(200KHz)で光速と同一です。
この結果水中に電磁波が走り、管の中心より外側に向かってリング状の磁力線が発生し、同じく中心より管の内面に放射状に電場が発生し、水処理を発揮する能力を有します。

このページの先頭へ

Copyright(C) 2010-2014 Nippon Selpo Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ホーム / 会社案内 / 製品情報 / 技術紹介 / FAQ / お問い合せ / サイトマップ